2006年11月12日

家は買うのが得か借りるのが得か

家は買うのが得か、借りるのが得か。
永遠の課題のような気がしますが、
考え方を変えると答がでます晴れ
それは・・・投資として考えてみることですexclamation

家を買うこと、借りることのどこが
「投資」なのだろうかと思うかもしれません。

まず、家を買うこと
これはLBOという金融取引です。

exclamation&questionLBO・・・なんじゃそれ眠い(睡眠)

LBOとはレバレッジドバイアウトの略です。
つまーりexclamation被買収物を担保とした融資のことです。

家を買うとき、普通は銀行の住宅ローンを
利用すると思います。

だいたい頭金は物件価格の1〜2割程度だと思います。

3500万円の家なら1割で350万、2割で600万
あとは銀行からの借り入れですよね。

これを銀行との取引として考えると、
銀行銀行は物件(被買収物)を担保(抵当)として
みなさんにお金を貸すわけです。

万が一みなさんが返済できなくても雨
銀行は担保を差押えて売却してお金を回収するだけです。

実はこの取引を小難しく言うとLBOです。
LBOはレバレッジ(テコ)を効かせて、
はるかに重く大きいものを持ち上げることなんです。

住宅ローンの場合は先ほどの
頭金350〜600万円で3500万円の物件を購入するので
少ない頭金と銀行のお金(テコ)を利用して家を買うという
図式になるわけです。

意識しないとなかなか気づかないことですが、
私たちの身近ことでもこういった、金融テクニック的なことは
行われているのですね

家を借りるは次回にお送りします。


banner_01.gif
←クリックお願いします。
posted by お金マスターことお金博士です。 at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家は借りるのか買うのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27163042

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。