2006年11月15日

敷金で思い出したプロのお金技です。3

将来債権担保融資ですが・・・晴れあ〜。難しい言葉だもうやだ〜(悲しい顔)もー嫌だふらふら

そうですよね。嫌ですよね。ふらふら
私も嫌です。ー(長音記号2)

なのでわかりやすくご説明します。
登場するのは3者です。

@スモールカメラ(大手量販店)ビル
Aテレビ卸屋(中小企業)家
B弊社(私の会社)銀行

普通は
@ビルA家に発注してA家@ビルに納品して
商品代金を受取りますよね。

将来債権担保融資とは
@ビルA家に支払うお金をB銀行にはらう
ように契約することなんです。

B銀行A家@ビルより受取る代金を
前払いし、@ビルからB銀行は回収するのです。

ご存じない方もいるかもしれませんが、
商売は掛取引が通常なんです。
商品を納品してから代金を貰うまで
2〜3ヶ月ぐらいかかるのです。

ちょっと図にすると下のようになります。(クリックすると大きくなります。)
saito.JPG

回収までの期間、中小企業の社長さんは
資金の手当てをしないと仕入ができなくなって
しまいますよね。

そのときに2〜3ヶ月後に受取る代金を
担保として融資できれば、社長さんは
資金繰りに困ることなく、会社を経営して
いけるわけです。

これを「売掛金を圧縮する」と言います。
 ⇒違う言い方でキャッシュフローを良くする
  とも言います。

ちょっと説明が長くなりましたが、
今回はこの将来債権を担保としたわけです。
あ〜また長くなってしまいました。がく〜(落胆した顔)
次回も続きます。

banner_01.gif
←どうか、どうか、どうか一票お願いします!
posted by お金マスターことお金博士です。 at 09:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | プロのお金のテクニック
この記事へのコメント
(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★
初めまして〜
応援&コメありがとうございます∩(´∀`)∩
うれしです〜( *´艸`)
応援☆
Posted by よっチャン at 2006年11月15日 11:08
よっチャンさん
こちらこそきていいただき
ありがとうございます。

こらからもよろしくお願いしますね。
私もちょくちょくいきます!
Posted by お金博士 at 2006年11月15日 13:39
こんばんわ。

>資金の手当てをしないと仕入ができなくなって
しまいますよね。

今の私がこの状態です。
大口の取引が成立したのはいいのですが、資金繰りをどうするか、頭が痛いです。

ではポチ★
Posted by ともぴー@ at 2006年11月15日 18:13
ともぴーさん

コメントありがとうございます。
資金繰り大変ですよね。
日本の金融は本当に硬直化していると
思います。

私の知っている社長さんは、
発注先からお金借りて納品した
という方がいます。

かなりのつわものですが、それだけ
魅力的な商品だったからできたのだ
と以前お話されていました。

ちょっとでもお役に立てるような
情報をこれからも提供できるように
頑張りますね。
Posted by お金博士 at 2006年11月15日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27423016

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。